活動の目的
REASON

草を食べる牛や馬、ひつじを放牧することで、阿蘇の草原がいつでも生き生きとした状態を保つことができるのです。

阿蘇ひつじ 2022.11.29

牧野の柵、強化しました

こんにちわ、じゅんさいです!

 

牧野のヒツジたち、
最近は脱走を繰り返し、
方々にご迷惑をおかけしていたそうな。

有刺鉄線も電柵も、
モコモコの体で突き抜け、
呑気に草を食べていました。

「メェ」

『 「メェ」ちゃうぞ!!! 』 (←本当に言った)

 

そこで!!

徹底的に、柵強化。

「顔も出せんのだけど」

「なんだなんだ」

「これって…もう脱走できないってことですか…?」

はい、そうです!!
物理的に脱走できないのです!!
(というか、そもそも脱走ダメ。)

 

絶望ヒツジ。

みんな、元気はいいことだけど、今後はお利口さんでお願いしますよ!

これでひとまず対策完了です。

 

 

そして、牧野には変化が。

秋からさらに茅を食べ進めたヒツジたち。

茅の生えていないスペースが広がっていっています。

 

ヒツジたちのおかげで背の高い茅がなくなったので、
地面に日光が当たるようになり、
いろんな野草が芽吹いてきました。

いろんな種類の野草が自生することが、阿蘇の草原の特徴。

 

フンも肥料になって、ヒツジが草を食べるメリット、実感です!

 

この調子で、よろしくお願いします(*^^*)

(それにしても増えたなぁ)

junsai

じゅんさい

阿蘇を愛する26歳女子、会社員。 地元の人しか知らない阿蘇の穴場スポット、さとう農園のこと、趣味のグルメ漁り、などご紹介していきます (@・ェ・@)♪

一覧へ戻る