活動の目的
REASON

草を食べる牛や馬、ひつじを放牧することで、阿蘇の草原がいつでも生き生きとした状態を保つことができるのです。

阿蘇ひつじ 2021.12.13

冬とヒツジと、人肌恋し。

こんにちは、じゅんさいです。

 

先日、綺麗な雲海を見ました。ビューティフル阿蘇でした。

そんなこんなで今年もあっちゅーまに12月です!

年末って何だかバタバタしてしまいますね。

心を亡くすと書いて「忙」しい。

 

……心亡くしてたまるかー!!!!

人間の心を取り戻しに、だいぶご無沙汰してしまったヒツジちゃんたちに会いに行くぞ!

 

夏に準備をしたプライベート牧野には、ヒツジちゃんたちがお引越ししていました。

阿蘇あか牛研究会のアオイくんも仲間に加わり、極上の癒し空間に!

(「写真撮るよー!」にピタッと止まるスイートベイブたち。)

 

早速、エサをもらえると勘づき、ボスに付いていきます。

(もこもこプリプリ。)

 

遅れて気付いた勢、猛ダッシュ!

猛ダッシュ!!!

「アタチが先よ!!!」

(アオイくんのダッシュの勢いがすごくて、三途の川が見えました。)

 

もこもこ、ぷりぷり、ムシャムシャ、うしうし。

 

そして、今回一番驚いたのがこれ!

(さっきからアオイくんと目が合っている気がするけど置いといて)

前はちょっとでも近づこうものなら逃げまどっていたのに、自分から寄ってきて、撫でてもらおうとする。

 

ちょっと遠かったら、「撫でて♡」と言わんばかりに、一歩近寄ってくる!

 

ニコーって。

なんじゃそりゃ!!! かわいすぎる!

動物も人間と同様、冬になったら人肌恋しくなるんですね。

冬だなあ。

 

ちなみにアオイくんも。

「ボスには心許しておりますので。」

冬だなあ。

 

快適なプライベート牧野に、ご満悦な様子のヒツジたちとアオイくんでした。

 

一方で、今年生まれたヒツジちゃんたちは…

 

逃げる。

 

逃げる。

フェイントかまして逃げる。

「オレたちに近づけると思うな。」(もこもこアベンジャーズ)

終始、望遠レンズで撮るのがやっとでした。

 

君らも人肌恋しくなってくれよ~~。

junsai

じゅんさい

阿蘇を愛する25歳女子、会社員。 地元の人しか知らない阿蘇の穴場スポット、さとう農園のこと、趣味のグルメ漁り、などご紹介していきます (@・ェ・@)♪

一覧へ戻る